【現役看護師の意見】看護師4年目。転職はアリ?ナシ?徹底考察

看護師 4年目の転職 転職・就活

どんな仕事でもそうですが、3年ぐらい働いてみると自分にその仕事が合っているのかどうかが、おぼろげながらも見えてくるのではないでしょうか?

看護師の場合もそうで、転職を考え始める頃合いとして多いのが4年目(丸3年勤務)ぐらいなことが多いと思います。

この記事では

・看護師として4年目の転職はアリか?ナシか?

ということを様々な要素から考えていきます。
これを読めば、看護師として4年目の転職を考える際の参考になるはずです。

kuro miki
kuro miki

私自身の実際の転職経験を基にしています。

この記事内では表現方法として「病院を変わる」「勤務する科を変える」ことを総称して「転職」と表現しています。

また、3年目ではなく、3年間丸々働いた後、4年目の人が対象

スポンサーリンク

看護師4年目での転職はアリ?ナシ?

先にも書いた通り、4年ぐらいで今働ている科(職場)が自分に合っているか否かがある程度は分かってくると思います。

なので、これぐらいを機に転職を考えるのは悪くないタイミングの1つでしょう。

Eiji
Eiji

4年目の転職はアリって話だね。

kuro miki
kuro miki

悪くないとは思う。
ただ、今までどの科にいたかで変わってくるよ。

NICU、耳鼻科や皮膚科、眼科などの特殊かつ専門性が高い科の場合は特にそうです。
こうした専門性の高い科で勤め続けると、他の科での勤務が難しくなります。

ICUや救急外来などは、看護師としての総合力、医療行為のスキルは高くなりますが、患者に寄り添う時間は少なくなり勝ち。

なので、内科的なことに従事したい場合は、これらの科の場合も見直した方が良いと思います。

大事なのは

「自分がこれから先、どんな看護師になりたいか」
「看護師として、どのように働いていきたいか」

をしっかりと考えること。

看護師4年目は基本的なことが身に付き、視野が広がる時期でもあるので、転職を視野に入れて一度自分を見つめ直す良いタイミングです。

また、奨学金を借りている人の場合は、いわゆる「御恩と奉公」が終了する時期でもあるため、金銭的な縛りからも解放されて行動の自由が生まれるタイミング。

この点も、4年目に看護師が転職を考えることを後押ししていると思います。

普通なら3年でそれなりの知識とスキルが身に付くはず。
加えて金銭面の自由も生まれるとなれば、4年目が転職を一考するタイミングとして悪くない。

むしろ、かなり良いタイミングでしょう。

4年目の転職も注意が必要

「よし、じゃ4年目だし転職するぞ!」

と思うのは良いですが、少々お待ちを。
いざ転職するとして、いくつか注意しておくこともあります。

希望通りに転職できるとは限らない

当たり前ですが、転職の希望を出しても、それが全て受け入れられるとは限りません。

kuro miki
kuro miki

私も最初の転職(勤務先の変更)の時、ビックリするほど思わぬ所に配属されました。

kuro mikiは最初の勤務先が地元ではなかったため、最初から3年でその職場を離れる気持ちでした。

ですが、最初の勤務地でやっていた糖尿病に関することは面白かったです。
なので、

kuro miki
kuro miki

転職先しても糖尿病に関することに従事できる科で働きたい!

と、ちゃんとその意思を提示して転職希望を出しました。
ですが結果は先述の通り、まさかのNICU勤務でした。

kuro miki
kuro miki

糖尿病療養指導師の資格まで取ったのに。

そういうこともあるので、必ずしも転職をすることが良いとは限りません。
思惑が外れる可能性は、少なからず付きまとってしまうのが事実です。

kuro miki
kuro miki

ま、今となってはNICUでの経験はとっても役に立ってますけどね。

看護師として、総合力の高い人。

言うなればどこでも勤務できるような人になりたいなら、様々な科に自らチャレンジしていくのは良いことです。

逆に自分のやりたいことが完璧に決まっている。
強いこだわりがある場合は、変に転職をしない方が良いかも知れません。

リスクヘッジの観点から見れば、1つの科でエキスパートになるより、様々なことに対応できる総合力の高い看護師の方が良いでしょう。

ただ、これは全て個人の人生設計、目標によって変化するもの。
看護師として4年目の転職は、先の人生設計を今一度見直す機会であるとも言えます。

大きい病院だと強制力が働くことも

クリニックなどでは基本ないことですが、大型の病院であれば人数調整などの兼ね合いから、半強制的に転職させられることも。

この半強制的な転職に関しては、基本的に1~2年目の人は声が掛かる事は少ないと思います。

一番多いのは3~5年目。

その際に転職先として提示された科がどうにも自分に合わないと感じた場合は、その科に配属される前に辞める、転職をすることはアリです。

むしろ、実際に転属先で働き始めた後、スグに辞めたりする方が周りに迷惑をかけます。

kuro miki
kuro miki

強制力が働くからといって、無理にそこで勤め続ける必要なし。
これを機に、視野を広くして他を探すのも非常に良いと思いますよ。

Eiji
Eiji

看護師に限らない話やね。
本当にデキる人は人事に不満があれば辞めるのがベターだから。

kuro miki
kuro miki

なんでもかんでもスグ辞めるのは良くないけど、無理して働いても何にも良いことないからね。

まとめ

看護師として、4年目は転職を考える良いタイミングの1つと言えます。

3年以下の場合と違い、自分のことや職場のことなど、色々なことをある程度俯瞰で、冷静に見ることが出来る状況になっているでしょうから。

大事なのは今ある状況と、これから先のアナタの看護師としての働き方を考えること。
人生設計を考えるとも言えます。

タイミングを逃すと、ズルズルとあまり良くない環境に身を置き続けることもあるでしょう。

実際に転職するまではガッツリと考えて。
でも、一度決めたら止まらずに、一気に進めること。

Eiji
Eiji

勢いは大事。
あらゆる職種の転職で言えることの1つだね。

kuro miki
kuro miki

看護師の場合もそうかな。
4年目の転職、悔いのない様にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました